★公務員専門学校のメリット&デメリットを紹介します!あなたは学校派?独学派?★

公務員専門学校に行くべきか?それとも独学で公務員試験合格を目指すかで迷っている受験生もいると思うので、今日は公務員専門学校のメリットとデメリットを紹介します。これを参考に公務員試験の学習スタイルを確立するきっかけとなれば嬉しいです。まずは公務員専門学校のメリットを紹介していきます。公務員専門学校はカリキュラムが非常に効率よく作りこまれているので、科目数が多く範囲が広い公務員試験もムリ・ムダなく勉強することができます。そして、毎回の講義に加えて定期的にテストがあるのでスケジュール感を意識した勉強ができます。初学者でも十分に公務員試験1発合格が狙えるのが魅力です。また、最新の試験情報や時事を随時教えてくれるので情報のモレを防ぎ、随時準備または対策していけます。さらに、独学と違い公務員試験に精通している講師陣が在籍しているので、分からないところは質問して解決できます。したがって、知識のモレ・ヌケを防ぐことが可能です。そのた、自習室が使い放題なのでライバルに刺激されながら集中して学習できます。いっぽう、公務員専門学校のデメリットはなんと言っても学費が高いことでしょう。専門課程ならば交通費など学割適用となりますが、1年間で100万円以上発生し、公務員講座の通学講座でも30~40万円ほどかかってしまいます。独学であれば、参考書と過去問を揃えるだけなので10万円以下で足りてしまいます。また、公務員試験経験者などは自分のペースでどんどん学習がすすめられるのでカリキュラムがかえって窮屈に感じてしまうこともあります。さらに、講師の当たり外れがあるのも否めません。したがって、短期合格を目指すのであれば公務員専門学校を利用するほうが効率が良いですし、試験経験者や費用を抑えたい人は独学で目指すほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です