★公認会計士試験は非常に難解な試験です!!過去問を使って本番さながらに解いてみましょう!!★

公認会計士試験は、簿記、財務諸表論、管理会計論、企業法、監査論、租税法、選択科目と幅広い分野が対象となり、非常に難解な試験となっています。したがって、早いうちから本試験のレベルや自分の苦手な分野を知るためにも、過去問をやっておいた方が本質的理解や効率的学習の観点からは有用です。過去問を通して、今までの問題の傾向を読み取ることで公認会計士にふさわしい思想や必要としている人物像が明らかになります。また、公認会計士試験の過去問には超難問も含まれているので、こうした問題に接した際に重要なのは、解くべきか問題なのか、解けなくても良い問題なのかを見極められるようになります。解けなくてよい問題は、他の人も解けないので、取れそうな部分点と見切る方法を確認しましょう。つまり、公認会計士試験は、全問解き切ることは不可能に近いので、問題の取捨選択能力を養うことも重要です。論文式試験の場合は、過去問を解いたら必ず部分点を採点し、どこまで理解できているかを明らかにし、部分点が取れる解答用紙の作り方も学ぶ必要があります。また、公認会計士試験は、時間との勝負なので、問題を解く際は時間を計って本番同様のプレッシャーや時間配分の中で解答することが重要です。過去問の数は限られているので、応用力をつけるためにじっくり解答したいのであれば、同レベルの別の問題集を解いた方が良いでしょう。それでも過去問をじっくり解くなら、試験直前に初見の問題を本番さながらに解くために、数年分をとっておくことをおすすめします

公認会計士 過去問はコチラ