★医学部再受験に寛容と言われている私立大学医学部はどこ!?★

入学願書医学再受験生にとって年齢問題は避けては通れません。群馬大学医学部では50代の女性が学科試験では好成績だったにもかかわらず面接試験で不合格になり裁判にまで発展したケースは有名です。しかし、年齢差別を公言している医学部はなく、口コミや合格者の年齢層によって年齢に寛容かどうかが見極められています。医学部によっては合格者の年齢層を公表しているケースもあり、医学部再受験生はそういった情報を注視していきたいものです。ただし、ネットの情報は信頼性に欠けてしまうので最後は自分で直接医学部に確認したり、予備校の教務スタッフに相談してみると良いでしょう。では、私立大学医学部ではどういったところが年齢に寛容だと言われているのでしょうか。例えば、2016年に開学した東北医科薬科大学は、医学部再受験生に寛容であると言われています。幅広い年齢の人が合格しており、まずは実績作りが重視されていると言われています。実績作りはまず医師国家試験があります。ここでは大学別の合格率が公表されるため、公に大学の存在をアピールできる格好の場所となっています。したがって、年齢よりも優秀な学生が現在は求められており、医学部再受験生でも学力さえクリアできれば十分に合格が狙えます。また、帝京大学も昔から再受験生には寛容であることで有名な医学部です。年齢に関係なく合格通知を出すことで有名であり、再受験生なら併願受験の1校として選択する人は非常に多いです。また、御三家では唯一寛容と言われている日本医科大学もおすすめですが、こちらは学費が2018年度から安くなるため難易度は非常に高くなることが予想されます。以上のことから再受験生ならこれらの医学部はぜひ志望校に入れると良いでしょう。特に東北医科薬科大学は奨学金制度が充実しており、卒業後の進路は制限される者の学費を大幅に抑えることが可能です。学費が高くて私立を視野に入れていない人でも通学できるためおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です